シェアする

ドバイレストランBread Street Kitchen and Barでディナー!

Bread Street Kitchen and Bar

世界的に有名なセレブリティシェフ、ゴードン・ラムゼイ (Gordon Ramsay) が手掛けるモダンヨーロッパ料理レストラン、ブレッド・ストリート・キッチン&バー (Bread Street Kitchen and Bar) のディナーに行ってきました。

Bread Street Kitchen and Barのゴードン・ラムゼイ

ゴードン・ラムゼイ (Gordon Ramsay)

このレストラン、2016年に「ホワッツ・オン・アワード、イギリス料理レストラン(400UAEディルハム未満)」で最優勝をとりました。「ホワッツ・オン」とはアラブ首長国連邦で最も売れているエンターテイメント雑誌で「ホワッツ・オン・アワード」とはこの雑誌がエンターテイメント・レジャー産業を称えるために手掛ける賞です。賞は一般投票で選ばれます。

実はここ、私がドバイ旅行で一番楽しみにしていたレストランです。(それが裏切られてしう)

私たちはハーフボード・パッケージ(朝食とディナーが含まれる宿泊プラン)でしたので、それ用のメニューが渡されそこから前菜、メイン、デザートを選ぶという形でした。

外にテラス席があったので迷わずそちらに通してもらいました。

 
スポンサーリンク

Bread Street Kitchen and Barの料理

Bread Street Kitchen and Barのパン

まず出てきたのがパン。Bread Street Kitchen and Barと書かれた入れ物に入っていてかわいい。でも普通ホテルのレストランで出されるパンって暖かくておいしいですよね。でもこのパン、なんだか冷たい・・・まあ不味くはないので気を取り直して前菜へ。

Bread Street Kitchen and Barのエビ

私が頼んだ前菜です。これがとても美味しかった!エビがプリプリで、ケバブのようなスパイスで味付けしてあります。

Bread Street Kitchen and Barのミートボール

主人が頼んだ前菜です。これが激マズ。骨にミートボールをまとって揚げてあるみたいですが・・・何といってもソースがまずい。日本では食べたことのない味。

Bread Street Kitchen and Barのメインのパスタ

メインのパスタ。ロブスターが入っていてロブスターはプリプリでおいしかったのですが、ソースが不味い。これも日本では食べたことない味。しかも量が多い。なんか食事を楽しむってより作業になってました。

Bread Street Kitchen and Barのチョコレートソースアイスクリーム

こちらがデザート。チョコレートケーキにバニラアイスクリームが乗せてあり、さらにチョコレートソースがかかってます。チョコレートケーキが暖かく、冷たいアイスクリームとベストマッチで美味しかったです。

Bread Street Kitchen and Barのストロベリーアイスクリームパフェ

こちらもデザートのストロベリーアイスクリームのパフェ。ストロベリーが甘酸っぱく、これも美味しかったです。

Bread Street Kitchen and Barの食後の紅茶

デザートと一緒に食後の紅茶も出してくれました。

という感じで、料理は美味しいものもあればお世辞にも美味しいとは言えないものもありでした。私たちはハーフボード・パッケージ(朝食とディナーが含まれる宿泊パッケージ)専用メニューだったので、普通のメニューは頼んでいません。今度行く機会があったら普通のメニューの料理を食べてみたいです。

ただテラス席で夜風に当たりながら飲むビールは最高でした!

ドバイの料理を食べて思ったのは、日本人の口に合うものもあるけれど口に合わないものも多いです。見たこともないような料理を冒険して試してみると大抵まずかったです。

そしてお肉が肉臭いものが多いです。特にラム肉。チキンやシーフードなどは臭みもなく美味しいものが多いように思いました。

サービスについて

Bread Street Kitchen and Barのカウンタースタッフ

ホテルのレストランとなれば1人担当のウェイターがついて飲み物のおかわりを聞いてきたリ料理の味を聞いてきたりと気にかけてくれるものだと思ってましたが私たちのテーブルに担当のウェイターはいませんでした。何人かのウェイターが料理も飲み物も運んでました。

帰り際にカウンターのスタッフに写真を撮っていいか聞いたら快く承諾!すごくフレンドリーなスタッフで、なんかのSNSでこの写真シェアしてね!と言われましたがそのSNSがよくわかんないのでここでシェア。しかも料理まずいとか悪口言ってごめんよ・・・でもうそはつけない。

料金について

私たちは朝食とディナーの含まれるハーフボード・パッケージという宿泊プランだったので食事代は予め支払いしてありました。しかしハーフボード・パッケージの場合は大人1人AED75(約2,250円)のチャージが取られます。そして飲み物代は別です。飲み物も1杯1,000円くらいしたと思います。※AED1=30円で計算しています。

結局、私たちは2人で合計AED280(約8,400円くらい)払いました。ハーフボード・パッケージにしても、お部屋だけのプランよりも料金高いし、さらにチャージを取られてしまうので正直、ちょっと高いかなと思いました。

チップについて

ドバイは元々チップ文化のない国ですが「アトランティス・ザ・パーム」のような5つ星ホテルのレストランではチップは払ったほうがいいとは聞いてました。ただ、この料理にしては料金高いしテーブル担当ウェイターらしき人もいなかったので数百円ほどしか払ってません。

服装について

このレストランに予約した際にスマート・カジュアルの服装をおすすめしますと言われていました。あと 最低でもテイラードショーツ、袖のあるシャツ、つま先の閉じた靴またはサンダルの着用でビーチサンダルは禁止、 アラブ首長国連邦の民俗衣装は歓迎ですとのこと。一応、私はドレスとパンプス、主人はスラックスにYシャツにジャケットという格好でいきました。

しかしレストランにいる人たちの服装をみるとTシャツにパンツの男性がいたり、子どももいたので服装は結構カジュアルでも大丈夫そうです。もちろんドレッシーな方もいたのでドレッシーな恰好をしても浮くことはないです。

営業時間

ランチ

  • 午後12時~午後4時

金曜日のブランチ

  • 午後12時30分~午後4時

ディナー

  • 午後6時~午後10時30分(木曜日&金曜日は午後11時30分)

バー

  • 午後12時30分~午前1時

年齢制限

なし

レストランへの行き方

「アトランティス・ザ・パーム」

イーストタワー(East Tower)、グラウンドフロア(Ground Floor/地下1階)