シェアする

【ドバイメトロ】券売機でのノルチケット/カードの買い方・チャージ方法を予習してスムーズに購入しよう

ドバイメトロ

Photo by:KINKISHARYO

ドバイメトロやバスを利用する際に購入する切符がノルチケットまたはノルカードというものです。各駅には券売機も係員のいる窓口もありますが券売機の方が比較的スムーズです。ただ、券売機も各駅に2台だけ、係員のいる窓口は1つだけで、どこも長蛇の列ができているなんてこともあります。

旅行者らしき人が券売機が初めてなのかもたもたしていて、後ろに並んでいる人があきらかにイライラしてる・・・なんて光景も見ました。券売機自体はシンプルで難しくもないのですが、やはり初めてだと時間がかかってしまうものです。あらかじめ利用方法を予習しておけばスムーズに購入・チャージが出来るでしょう。

 
スポンサーリンク

券売機で購入・チャージできるノルチケット/カード

券売機で購入またはチャージできるのは全てのノルチケット/カードではありません。券売機でできないものは駅構内の係員のいる窓口での購入・チャージとなります。

券売機で購入できるノルチケット/カードの種類

  • ノル・レッドチケット(NOL Red Ticket)
  • ノル・シルバーカード(NOL Silver Card) ※一部券売機では不可

券売機でチャージできるノルチケット/カードの種類

  • ノル・レッドチケット(NOL Red Ticket)
  • ノル・シルバーカード(NOL Silver Card)
  • ノル・ゴールドカード(NOL Gold Card)

ノルチケットの購入方法

今回はノル・レッドチケットを券売機で購入しました。初めてでもわかりやすいシンプルな操作方法でした。

①画面をタッチ

ドバイメトロチケットの買い方

画面のどこでもいいのでタッチします。

②言語の選択

ドバイメトロチケットの買い方

English(英語)かアラビア語どちらかを選択してください。

③クラスの選択

ドバイメトロチケットの買い方

Gold(ゴールドクラス)またはRegular(通常クラス)を選択。

ゴールドクラスや通常クラスってなんぞや?という方はこちらの記事も参考にしてください:

④チケットの種類を選択

ドバイメトロチケットの買い方

Single Trip(一回券)かDaily Pass(1日乗り放題パス)を選択。

料金など詳しくはこちらも参考にしてください:

⑤ゾーン数の選択

ドバイメトロチケットの買い方

移動するゾーン数を選んでください。ドバイメトロは移動するゾーン(Zone)の数で料金が変わる仕組みになっています。

ドバイメトロチケットの買い方

現在地から目的地までは何ゾーンなのかは画面左に表示されています。

⑥料金の支払い

ドバイメトロチケットの買い方

現金でもクレジットカードでも支払いはできます。ただし、調子の悪い機械が多くクレジットカードで支払いできないことの方が多かったです。

⑦チケット発行中・・・

ドバイメトロチケットの買い方

たまにすごーく待たされます。後ろに行列ができていると焦ります。

⑧チケットゲット!

ドバイメトロチケット

ノル・レッドチケットをゲット!これを改札を通る際にかざします。

ノルチケット/カードのチャージ方法

ノル・レッドチケットは10回までチャージして再利用可能です。ノル・シルバーカードやノル・ゴールドカードはプリペイド方式なので残高が少なくなったらその都度チャージします。チャージ方法もシンプルでわかりやすいので初めてでも安心です。

①ノルカードを券売機に挿入

ノルチケット/カードを券売機の指定の位置に入れてください。

②「CARD TOP UP」を選択

画面左下にあります。「TOP UP」はチャージするという意味です。

③チャージしたい金額を選択します。

AED5/10/20/30/40/50/100/150/200/300/400/500から選択できます。

金額を指定したい場合は「Other amount(別の金額)」を押して金額を設定してください。

④ 料金の支払い

こちらも現金でもクレジットカードでも支払いできます。

⑤チャージ完了!

チャージした金額が反映されるまで若干時間がかかりますので、チャージが完了したのを確認してからノルカードを引き抜いてください。

まとめ

券売機は便利なのですが、たまにクレジットが使えなかったりノルカードの発行にすごく時間がかかったりと、日本のようにスムーズではありませんでした。それに加えて後ろに長蛇の列ができてしまうと焦ってしまいますよね。機械が遅いのはしょうがないですが、自分はスムーズにできるよう、あらかじめ利用方法を知っておくのも思いやりだなあと思いました。